スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

saisaikaデザインの商用利用禁止のお願い

  • CATEGORYお店の事
  • PUBLISHED ON2016/ 08/ 27/ 11:54
  • COMMENT0

top_slider03.jpg

saisaikaで習った作品や、saisaikaで販売している物の商用利用はどうぞご遠慮下さい。
デザインに関する考え方は人それぞれです。下記はあくまで私の個人的な意見であり、このように多くの方の目に触れる場に書くことで、ネガティブな感じ、不快と感じる方もいらっしゃる事と思います。どうぞお許し下さい。しかし、私がきちんと自分の考えを述べないことにより、かえってお客様にご迷惑がかかったり、戸惑わせてしまったりすることもあり、敢えて記載させて頂きました。

kinomis.jpg


私は『レッスンで習った物を同じように自分で作る』という事は賛成しており、そのための材料のキット販売もしております。もちろん様々な習い事教室で『習った物は自作禁止。』としている所が多いのも知っています。けれど、それよりも自由にお花を楽しんで頂きたいと思っていたからです。
『レッスンでアレンジを習ったから同じような物をつくって、お友達やお母さんにプレゼントしたい』という思いは是非大切にすべきだと思っていますし、そこにデザイン料や講師講習料を…と言っては気軽に楽しんで頂けないと思っているからです。お客様はたぶんプレゼントするときに『最近お花を習いにいって作ったんだ♪』とお話されるでしょうし、それによって(デザイン、形、作り方、素材の組合せなどは教室で習ったものである)と暗に伝わると思っていたからです。

aboutsaisaikatop.jpg


しかし、最近【販売】や【レッスン】を目的とした『仕事』としてここで習った物を使われる方が稀にいらっしゃいます。そこには私の『物を商品として作り出す』労力に対する主ばかりはなく、とても寂しい思いがします。

確かにプリザーブドフラワーは生花比べれは、まだ材料の種類も少なく、同じような好みの方と雰囲気が似ることもあります。サイサイカのさき布、レース糸、木の実、羽を取り入れた雑貨的なデザインも、『好きだからこそ参考にしたい』というのは、とても光栄ですし、嬉しい事です。けれど、お金を頂き、『仕事』として請け負うのであれば、手法や技術を参考にしつつ、自分の力で考えた物で勝負してほしいとおもいます。[似た雰囲気の作品]なのか、[単に真似した作品]であるのか、その線引きは曖昧ですが、私はこう思います。

そこにあなたのアイデア、デザイン、そして何より作品への想いはありますか。
その作品を『これは私がこんな想いを込めて考えました。この商品のこの部分がポイントなんです』と言えますか。
胸をはって言えるなら、それは貴方のデザインであり、『仕事』として良いと思います。

お花を『趣味』ではなく『仕事』とするには『自分で考え、生み出す責任』があると思います。どうか、その『責任』を放棄して『対価』のみの追求になりませんように。
私自身も身を引き締めて『仕事』をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

flower atelier SaiSaiKa 鷲尾 明子

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。