スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワーアレンジのレッスンを受けてきました♪

今回のレッスンテーマは『高く挿されたもの』
サンキライのリースをクランツに見立て、お花の足元をきれいに見せるようにお花を挿します。

taktakusasaretamono2.jpg

お花の顔ばかりに気をとられてアレンジしていたら、出来上がってみると足元がばらばらで
いまひとつすっきり感がありませんでした。先生のお手本はとってもきれいで素敵だったのに・・・
反省ですう~ん

takakusasaretamono1.jpg

今日使用したバラは「ラナンキュラスレッドローズ」というそうです。
なるほどコロンとした形や花びらのぎゅっと詰まっている感じはラナンキュラスそっくり。

白い毛糸をふわふわと巻いてやわらかく包み込むような雰囲気に仕上げています。
先生のお話では
『今年のように不景気などで世間が暗くなりがちなときには
人は暖かく包み込む感じのものを好む傾向があります。
ファーを使用した服や靴、フェルト、毛糸が今年の流行ですので、今日は毛糸を使用します。』
とのこと。
いつも先生のレッスンはお花のテクニックはもちろんのこと、
それに付随するいろいろな事が勉強になります。



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。